UVレジンを夜に格安で硬化させる方法

UVレジンを夜に格安で硬化させる方法
Bruno /GermanyによるPixabayからの画像

昼間のあわただしさから抜け出したあとに、ゆっくり作品を作りたいけど太陽は出ていない。朝まで置いておくと、配置がずれたりするのですぐに固めたい。

そんな時にはやはり、UVライトを使う必要があります。本格的なものは高価なので、少しでも安く済ませる方法を紹介します。

UVレジンを接着剤代わりに使う場合にも有効です。

百均のUVライトで仮止めして翌日太陽光

百均でもUVライトが売ってるのでそれを使ってもいいのですが、出力が弱いので完全硬化までに時間がかかります。

そこで、UVライトで仮止めをしておいて、翌日太陽にあててしっかり硬化させるという方法です。

5mmくらいの厚みのものなら、1時間で固まりましたが表面はネバネバしています。太陽光に当てたら完全に固まりました。

百均のUSB給電のUVライト

UVライト

これはスマホの充電器に差して使える物です。急速充電器とかでは試したことがないので分かりませんが、AmazonのFirestickの充電器では問題なく使えました。

電池式ではないので、交換も必要なく重宝しています。

高くても便利な本気のUVライト

本気のUVライトは使ったことがないのですが、買ってみようかなと思うのがこれ。

これはハイパワーでいいですね。LEDレジンとUVレジンに対応しています。タイマーが付いているので、消し忘れる心配もないです。

本サイトで扱っている、「UVレジンで修理をする」という目的には形状が使いにくそうなので購入を躊躇ってますが、とても欲しいです。

UVレジンではなく、2液レジンを使う

これは1液と2液とうように二つに分かれていて、混ぜると固まるというものです。紫外線をあてる必要はないです。

テーブルを作る時に安全なレジンを探してる時に見つけたのがこの2液レジン。食器も作れるとのことなので、これで作ったテーブルも余裕で安心して使えます。

手持ちの蛍光灯で固める

蛍光灯も紫外線を発しているので、UVレジンが固まりました。

蛍光灯のデスクライト

これは蛍光灯のデスクライトなのですが、これでも表面がネバネバする程度までは固まりました。

固まる?固まらない?UVの波長の問題

紫外線の波長は10~400nmと幅があって、その中でもUVレジンが固まる波長は約360~370nmです。

UVライトはUV蛍光管を使って紫外線を発します。UVライトや太陽光はこの波長を含む紫外線を出しているのでUVレジンが硬化します。

UVLEDライトと書かれているライトはLEDを使って紫外線を発します。そのため、波長が決まっている場合があるので、UVLEDライトを購入する際は、そのライトがどの波長を発するかを確認する必要があります。

「LEDレジン、UVレジン両方の硬化に対応」と書いてある場合もあります。UVレジンもLEDレジンも紫外線で硬化するレジンですが、LEDの波長でも硬化するレジンをLEDレジンといわれています。