UVレジンで直す!ネジの部品を作る

UVレジンで直す!ネジの部品を作る

風呂の換気扇カバーをとめるネジをさす部品がなくなってしまったので、UVレジンで工作してみました。

UVレジンで作った部品とボルトとビス

写真の透明の部品を作りました。

材料

レジン

UVレジン

道具

モールド

ドリル刃

ドリル刃をドライバーの持ち手にさしたもの

ダイアモンドヤスリ

ダイアモンドヤスリ

カッター

カッター

よくあるカッターです。刃は新しい部分で使いましょう。キレにくいと危険度が増します。

作業手順

型を取る

UVレジンをシリコン型に入れて固めた

今回は太陽光で。最初5分くらい天日に当ててから、取り出して裏返してさらに5分くらいで固まりました。

穴を開ける

固めたUVレジンに穴をあける箇所に下書き

ねじ締め位置を可変にしたいので、楕円の穴をあけます。黒い線を描いた部分に穴を開けます。

ドライバにドリルの刃をつけた

割れるのを防止するために、ゆっくり穴をあけます。電動ドリルで優しく穴あけしてもいいですが、小さい穴だったので、写真のようにドライバーにさしてあけました。

削る

パーツに穴を開けた

カッターで大まかに削ってから、百均のダイヤモンドヤスリで整えました。

カッターで削るコツは、少しずつ丁寧に削ることです。

出来上がり

部品の完成

強度はそれほど強くなさそうなので、軽いものを固定する程度には使えるかなと思って作ってみました。結構丈夫なのでしばらくは壊れないことを期待します。