UVレジンで直す! 透明なスマホケースでも綺麗に修理

一般的な接着剤ではくっつきにくかったり、見た目が悪くなってしまいそうな箇所をUVレジンでくっつけてみようというチャレンジ。

今回は、スマホケースです。

いまだにiPhone7を使ってるのですが、耐衝撃の透明なケースの端が剥がれてしまいました。

透明なので、接着剤を塗ると目立ってカッコ悪いと思って放置してたのを、UVレジンで接着してみることにしました。

iPhoneケースの割れた部分

iPhoneケースの割れた場所の図

わかりにくいので図にしてみました。黄色くなった部分が割けました。

角クッション付きの透明ケースで、1000円程度のもの。
側面と背面の繋ぎ目で割れてしまいました。この断面にUVレジンを塗って貼り合わせます。

スポンサーリンク

UVレジンを塗布

UVレジンを塗った後1

透明なのもを透明なものに塗った写真はなんとも見づらいけど、塗ってあります。

UVレジンを塗った位置の図

図にするとこんな感じ。赤い部分にUVレジンを塗りました。底面が2ミリあるかないかの厚さなのですごく少量のUVレジンです。

反対の側面も割れているので、別の方法で。

UVレジンを塗った後2

こちらは、先にマスキングテープで留めた後、内側にUVレジンを塗りました。

硬化

UVライトで5分程硬化させました。予想通りベタベタします。

ということで、太陽光の下に10分くらい放置しました。

硬化後

少し横にはみ出たけど、丈夫にくっつきました。

こちらはマスキングをした後、内側の角に塗ったもの。少し膨らんだ形でついてしまったけど、問題なしでした。

道具

UVライト

USBの充電器で使えるUVライトをセリアで見つけたので買ってみました。

乾電池式よりコンパクトで経済的でいいですね。

感想

はみ出してしまったけど、透明のUVレジンなのでほとんど目立つことはないです。

思いのほか丈夫というか、全く問題なく使えているので、予想以上の出来栄えに満足この上ないです。
今までは、プラスチックのものが壊れた時は高価な接着剤を使ってたけど、これからはこれでいいと改めて思いました。

UVレジンだと紫外線がないと硬化しないので、2液レジンを購入する予定です。

修理
スポンサーリンク
シェアする
craftman78をフォローする
スポンサーリンク
ushiya.D.I.Y